すずき脳神経外科クリニック

Suzuki Neurosurgical Clinic

町田市旭町3-1-15 旭町メディカルビル2F

042-710-6577

Suzuki Neurosurgical Clinic

診療案内

当院の診療方針

患者様の立場を十分に考慮し丁寧な診療、解り易い説明、必要な検査を行います。

またリハビリテーション部門を併設しておりますので脳卒中後のリハビリなど適切なリハビリを行い回復に努めます。

入院、手術などの治療が必要な場合には適切な病院をご紹介いたします。

連携病院

麻生総合病院 / 町田市民病院 / 横浜新緑総合病院 / 聖マリアンナ医科大学病院 / 横浜市立大学医学部附属病院 / 神奈川県立がんセンター / 日本医科大学多摩永山病院 / 聖マリアンナ医大横浜市西部病院 など

診療内容一覧

脳神経外科一般診療

MRI検査

頚動脈超音波検査

簡便で視覚的に動脈硬化の診断や脳血管疾患に対する評価ができます。超音波による検査のため被爆や痛みも有りません。当院では、血管内膜中膜複合体厚(IMT)、プラークの存在の有無、カラー、パルスドップラを使用して収縮期最大血流速度を合わせて測定し脳血管病変の診断に活用しています。

リハビリテーション(脳卒中後遺症・頭部外傷後遺症・腰痛、頚部痛)

現在、理学療法士3名、作業療法士1名にてリハビリを行っています。頚部痛、腰痛など脊椎病変の方には、器械をなるべく使用せず、療法士が直接に施術を行っています。器機の使用より改善効果は良好であり、多くの方に喜ばれています。また、脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)やパーキンソン病の方には、理学療法士、作業療法士の両面より積極的に運動療法を指導しています。当院は運動器リハビリⅡ、脳血管リハビリⅡを算定しています。

物忘れ外来(認知症診断と治療)

早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(VSRAD)を用いた画像解析と高次脳機能検査を施行し、またMRIにて脳腫瘍や脳梗塞に起因する物忘れや治療にて劇的に改善する認知症である正常圧水頭症などを鑑別しながら診断、治療をおこなっていきます。

物忘れのある方は是非ご家族とともに来院ください。検査後に詳しくご説明いたします。また必要性がある場合、血液検査による関連遺伝子の解析から認知症診断もおこなっています。(保険適用外・別途料金)

頭痛外来

片頭痛、筋緊張性頭痛に代表される多彩な頭痛が存在します。現代社会は、PC(パーソナル、コンピューター)を用いた仕事やスマートホーンを長時間使用している若い方が多くいます。

このような方に非常に頭痛が多くなっているのが現状です。

当院では、適切な診断と生活指導、また投薬治療の他にリハビリテーションを組み合わせ、多くの患者様が頭痛から改善しており、好評を得ています。

めまい外来

めまいがすっきり改善せず、耳鼻咽喉科でも異常がないと診断されている方は、脳腫瘍(聴神経腫瘍)や脳梗塞の可能性がありますので一度詳しく検査をいたします。

外傷、キズの処置

顔面、頭部からの出血や縫合処置が必要な方は、傷が残らないように配慮をしながら処置を行います。

ボツリヌス治療

(1)顔面痙攣:

「眼が閉じてしまい車が運転できない」「眼が閉じてしまい信号が見えずうまく歩けない」「人前で顔が引きつり会話ができない」等の症状の方は、MRIにてその原因を特定してから治療を行います。5分程度の治療で数日後から全く症状がなくなります。

 

(2)痙縮治療:

脳卒中後、麻痺側の関節が硬くなり、関節の痛みが生じたり、衣服がうまく着られないなどで生活の質の低下を認める場合にボトックス治療を行います。このときは、リハビリテーションを併用することで生活の質が向上し、痛み等から解放されます。

症状一覧

頭が痛い、頭が重い
物がぼやけて見える、二重に見える
めまい、ふらつき
手足に力が入らない、しびれる
うまく歩けない
口がもつれる、うまく話せない
肩、首、背中、腰がこる、痛い
物忘れが気になる
顔、目の周りがピクピクする
頭をぶつけた
血圧が高い
脳梗塞が心配
家族に脳卒中の人がいる方の頭痛、めまいなど
脳卒中の後遺症で手や足が固くなり生活しづらくなっている方
頭部の傷の処置

対象疾患一覧

脳神経外科

主な対象疾患

頭痛(片頭痛・緊張型頭痛・群発製頭痛)
認知症(アルツハイマー型、脳血管性など)
くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤
脳腫瘍(間脳、下垂体腫瘍)
脳卒中(脳梗塞、脳出血)
めまい(良性発作性頭位めまい、メニエール病)
脳脊髄液減少症
胸郭出口症候群

リハビリテーション科

当院では医師の指示の下、理学療法士、作業療法士により運動機能のリハビリをおこないます。

脳卒中(脳梗塞、脳出血)
脳腫瘍、脳外傷(脳挫傷など)後遺症
腰痛、頚部の痛み
顔面神経麻痺
脳卒中後の痙縮治療(ボトックス治療と組み合わせておこないます)

→ リハビリテーション案内ページ

神経内科

神経内科では、脳や脊髄・筋肉・末梢神経の異常を起因とする疾患を診察治療します。

主な対象疾患

顔面神経麻痺(ベル麻痺)
顔面けいれん
眼瞼けいれん(ボトックス治療をおこないます。)
パーキンソン病
てんかん、けいれん発作

すずき脳神経外科クリニック

町田市旭町3-1-15 旭町メディカルビル 2F

042-710-6577